トップにもどる
前回にもどる


<11:08>
kotsuboi47
DSCN2790
対岸の路盤を発見した我々。さっそく川を渡って路盤に上がってみます。


<11:15>
DSCN2800
路盤に到達しました。少し戻って林道との合流の具合を確認します。
DSCF7644
さすがに橋の痕跡はありませんが…
DSCF7645
振り返ると素晴らしい眺めが待っていました。桟橋だらけの小坪井林鉄でこんなにしっかりした路盤を見られるとは…。
DSCN2806
路盤上に木が生えてしまっていますが、田代川の路線は戦中の廃止とのことなので整合性は取れます。

<11:20>
DSCN2814
は、橋がない!!
って当たり前か。川の蛇行でこちら岸が浸食されてしまっているため、対岸に移るようです。
DSCN2828
それを証拠に、路盤は蛇行が終わるとすぐに右岸に戻ります。

<11:30>
DSCF7652
今度の路盤は杉林か…。花粉症にはキツそうです。
DSCF7651
振り返ると対岸の路盤とのつながりが明瞭に見てとれました。


<11:35>
DSCN2840
DSCN2843
え、また対岸いくんですか…


ただ川を渡っているばかりではつまらないと、三島氏が川のせせらぎを撮影していました。この清らかな流れだけでも行く価値があるというのに、林鉄の路盤まで付いてくるとは恐るべし…。

<11:39>


振り返ると、こちらも橋があった感をよく醸し出していました。
DSCN2852

<11:43>

おなじみの架橋です。
DSCN2863

DSCN2869
急に現れる地層美…。世間は農溝の滝に沸いていますが、そのすぐ近くにそれ以上の絶景が眠っていることをどれだけの人が知っていることでしょうか。
DSCN2874
と、ここで一枚の看板を発見。このあたりは民有林だったはずですが、その所有者が三井グループだったとは驚きです。

<11:50>
ここでまた路盤が消失。いつもの通り対岸を見てみると、やはりそれらしき平場があります。
DSCN2878
石積みが人工的なものに見えるのは気のせいでしょうか…?
DSCN2881
上部に林道があるためかゴミがけっこう散乱しています。このあたりは現代ゴミがほとんと落ちていない小坪井沢と違いますね。
DSCN2882
DSCN2884
瓶だ!
DSCN2893
周りには割れたものも含め3-4本同じものが転がっていたのですが、銘柄などはよくわかりませんでした。
DSCN2886
タイヤの墓場。


<12:01>
kotsuboi51
ひときわ大きな支谷の入り口までやってきました。
DSCN2909
支谷を覗くと田代林道の赤い橋が見えます。
DSCN2911
ここでも路盤はカーブの内側にしっかり刻まれています。

すぐ隣には神秘的な滝。現役当時はなかなかの車窓だったのではないかと思います。(三島氏撮影)
DSCF7661
滝のなかにはまた孔!さすがに桟橋孔ではないでしょうが…。

DSCF7658
路盤の方はといえばしっかりした杉林。上下二段に分かれており、どちらが路盤なのかいささか迷います。目測では下段の杉は樹齢3-40年程度、上段はもう少しばかり若く見えますが、先ほどからの路盤のつながりから考えて下段を軌道跡と仮定しておきます。

<12:14>
DSCN2946
もう一度川を渡ると久々に木々の生い茂っていない路盤に出会えました。
DSCN2956
このカーブを曲がったらまた対岸に移りそうですね。
DSCN2959
こちら側の路盤はなくなったけど、対岸の路盤も不明瞭だな…。

<11:24>
kotsuboi52
DSCN2962
ここまで両岸を行ったり来たりして支谷をかわしてきた路盤ですが、ここでついに阻まれてしまいました。いつものように川岸へ降りて迂回しようと思ったそのとき…
DSCN2963
ん?
DSCN2964
孔だ!!!
支谷をまたぐ橋の橋脚孔です。ここまで橋跡は何度も見てきましたが、川幅が広かったことや堆積物が多かったことで橋脚孔は発見できていませんでした。これで、この川べりの平場が路盤だったと断言できます。

DSCN2972a
ただ、孔の位置は路盤からすこしズレていて、いささか不可解です。
DSCF7671
孔の上部を見てみても軌道が通っていたようなスペースは見出せないのですが、まさか…ねえ?

DSCN2975
この孔から先、明瞭な路盤跡はついに途絶えてしまいました。小坪井林鉄らしく長大桟橋を築いていたのだと考えて進むしかありません。橋脚孔は一向に見つからないのですけれど…。

<12:32>
kotsuboi53
DSCN2989
あれ、いつのまにか路盤が復活してる。
DSCN2991
上がってみるとやはりそこは路盤でした。

振り返ってみると崩れ去りつつも路盤跡がなんとなく見てとれます。どこで見落としていたのか…。


そして、この路盤を眺めていると、一度は否定したはずのある仮説が頭をよぎります。
DSCN2989
↑いま発見した路盤
DSCN2972
↑橋脚孔があったあたりの路盤

DSCN2972b
軌道が通ってたの下段じゃなくて上段じゃね?
もう一度写真を見直してみると、今まで路盤だと思っていたところの上部に崩れかけた平場が見えるような気がします。支谷向かいの杉林でも平場は二段に分かれていましたし、実は我々、路盤らしきものにずっと騙されてきたのでは…?
路盤をキチンと辿れなかったのは悔しいですが、帰りに再調査することを誓い、先へ進みます。

DSCF7676
あれ…?なんか先の方明るくない…?
DSCN3000
ず、隧道だあああああああ!!!



小坪井林用軌道 第三次探索【その2】にすすむ