今更ながら長崎でのもう1つの乗車体験を…。

house01
飛行機で長崎入りした私なのですが、普通に空港バスでどこかへ向かうのは気にくわないということで、船を利用することにしました。

house02
案内に誘導されてターミナルビルの外に出ます。 
house04
一度外を出る必要はありますが、屋根に覆われているので荒天でもさほど心配する必要はありません。この近さならターミナルビル直結にしてくれれば良かったのですが…。



house05
船はハウステンボスだけでなく長崎の時津にも出ています。長崎市街へ向かうには乗り換えが必要でさほど利用者もいないだろうと思っていましたが、至近の便に乗るため通路をかけて行く客も。時津から自宅まで車でアクセスするとかだと意外と利便性が高いんですかね?

house06
ステンドグラスが綺麗なのですが…
ここからが長かった。

house07
house08
house10
連絡通路を延々と歩かされます。動く歩道が両方向設置されているのでまだ助かりますが、にしても長い…。

house09
↑県の春の魚 #とは

house11
ようやく乗り場に到着しました。ちなみに、停泊しているのは私が乗る船ではなく時津へ向かう船です。

乗船まで時間があったので二階の待合所に。こういう素朴な感じはなかなか心を惹きます。そのくせ、各階にWi-Fiが整備されていますしね。
house13

公式サイトには飛行機との接続は行わない、なんて書いてありましたが、大阪からの飛行機が遅れるとのことで10分遅発。なかなか優しいじゃないか。

house14
乗船は出発時刻の5分前からできます(たしか)。観光的側面からも船の利用は魅力的なことで、今日もかなりの観光客が船の恩恵に預かるようです。やっぱり西洋風テーマパークへは船で行かないとね!
house19

船は定刻から10分遅れの11:15に空港を出発。ここから空港の南側をグルリと回っていくのですが…
house15
空港侵入灯を越えたところで飛行機が着陸。船でしか見られない贅沢な光景です。

house16
空港を過ぎると淡々とした走りぶりで大村湾内を進んでいきます。内湾なので揺れはほとんどありません。晴れていればもっと気持ち良かったんだろうけどな…。

house17
11:50頃だったでしょうか。対岸の集落はどこだろうと思っていると船が急に減速。どうやらハウステンボスが近づいてきたようです。まさか遅れを取り戻したのかと思いましたが、付近の制限区間が割と広かったらしく定刻の11:55を過ぎてもハウステンボスの姿はイマイチ捉えられず。

と、
house18
なんだあれ?
未だになんだったのかよくわかっていませんが、とりあえずハウステンボス到着のお知らせらしく、程なくして桟橋が見えてきました。 
house20
house21
着いてみると遅れは全く取り戻せておらず、10分遅れのまま。まあ鉄道みたいに遅れが増幅されなかっただけマシとしましょうか(笑)

house22
house23
house24
まさにオランダ、って感じですね(桟橋の感じ門司港駅だ〜って思ってたなんて言えない…)。

ターミナルの壁にはこんなものが。
house25
このやる気のなさは、時代を感じたい御仁にとってはなかなかのブツでしょう。私もなんで時津のマルは消しといて鹿子前は消してないんだよwwとかやってましたし()

なお、園内のカナルクルーザーについては公共交通ではないので特にレポしません。強いて言うなら放送が日本語→韓国語→中国語の順だったのが気になった程度でしょうか。あ、そういえば園内はお土産屋ばかりでちょっと退屈でした。なにしろカナルクルーザー起点の洋館の壁に「長崎ちゃんぽん」と堂々と書かれてるんですよ?アドベンチャーゾーンに行けばまた違ったのかもしれませんが…。
house26